スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

News@05/11/23 

カーリング、トリノ五輪出場の日本代表にチーム青森が内定
 うおおおおプレーオフにもつれ込むも貫禄で五輪を勝ち取った青森!アツいぜカーリングぅうう!トリノでも小野寺の緻密なショット見せてくれよ!!
 ・・・・・うんわかってる、カーリングで盛り上がってるのなんて周りでおれ一人だけだってことは。

Yahoo! JAPAN、「ラーメン特集2005」で138万人のネット投票で新定番ラーメンを決定、実際にラーメン店が開発
 濃厚豚骨醤油・・・・・・・・・!!!
 とりあえずラーメン花月には行きます。

禁煙推進議員連盟、たばこ税を1本あたり10円程度引き上げるべき、と決議
 誰が声を上げてるかってことはともかく、いい流れですわぁ。 路上喫煙禁止の条例なんかあってないような扱いですけどもっと取り締まってもいいんじゃない?他の地域を先導する立場なんやからー>新宿区
 ところで綿貫さん毎日100本吸ってたってあーた、どんな生活ですかそれ・・・・(;´Д`)

児童福祉施設、O-157で3歳男児が死亡
 狂牛病とか鳥インフルエンザのほうがホットな話題ではありますけど、騒がれなくなったからって別に無くなったわけじゃないんですよねぇ。。

バトンレボリューションズ 

mixiでは意外にも物凄い勢いで回ってるバトン、ブログで始まったはずなのにSNSに土壌を奪われております。
というわけでひなぼこのヒナちゃまから
Blog Batonが回ってまいりましたー。

今までここで答えたのはMusicalComicTravelのバトン。すっかりバトンっ子です!バトンっ子って何。ほらメガネっ子みたいな。
今回はブログバトンってことでバトンが回ってるブログについてのバトン。そしてここはそんなバトンについてのブログのバトンページの・・・・言ってて自分で混乱してきた。
こちらも前回同様、はてなのBatonページに載ってなくて発信源がつかめませんでしたー。まぁいっか。
続きに回答をばー。11問あるのでいつものバトンより長いです。

続きを読む

News@05/11/22 

ドイツ、新首相に旧東独出身のメルケル氏が選出。初の女性首相誕生
 写真入り記事を探した結果岩手日報しか見つかりませんでした(´∀`)シュレーダーさんおつかれー。雇用とか対米関係の改善に期待、だそうです。あと今知ったんだけどもドイツには首相と大統領が別に存在するのね!

アメリカ、バイアグラを凌ぐ”究極の催淫剤”「PT141」を開発。男女共用
 おぢさんは犯罪に使われないことを祈るばかりだよ?

マイクロソフト、「Xbox360」をアメリカで発売開始。国内発売は12/10、約4万円
 えっもう発売なの!?ろくに宣伝もしてない印象ですけどいんでしょーか。あとどのへんが「360」なんでしょーか。

産経新聞の投書欄を橋渡しにして「幻の恋人」との再会。戦争で60年の間音信不通に
 あらまぁーいい話。お互いに家族もいる年だろうけどほのぼの邂逅できたらええですね

たかがバイトだけども 

な・・・・なんか結構バイト面接に落ちるんですけど・・・・・(;^ω^)

原因は今までに全く縁のなかった、しかも向いてなさそうな職種にあえてチャレンジしてるからなんだけどね。だってやってみたいんだもの!
あと初っ端からかなりナメたシフトで希望出してるからなんだけどね。だって週3以上働きたくないもの!
うろ覚えなので正確ではないかもしれんけど最近こんな感じです。


1軒目: 受かったけど面接で感じ悪かったので辞退
2軒目: 落ちた
3軒目: 電話したら定員いってた
4軒目: 電話したら定員いってた
5軒目: 落ちた
6軒目: 女の子が欲しいみたいなこと言ってたので辞退
7軒目: 電話したら以下略


ちょ・・・・・・そろそろどっかで働かせてもらえないとサイフが限界きてるんですけど!!1

―――寒いのに/服も買えない/だめがくせい

『13階段』 

13階段 / 高野和明
book12.jpg

―――――「急斜面を転がり落ちるのは簡単だ。難しいのは平坦な道を歩くことだ。その道には、純一を人殺しとして忌避する人々が、石を投げつけようとして身構えている。


傷害致死で2年の実刑から釈放された主人公が、なじみの刑務官に誘われ「死刑囚の冤罪を晴らす」仕事に関わる様を、死刑制度の是非という複雑な社会問題にスポットライトを当てながら書き出されたサスペンス。スポットライトを当てると言ってもどちらかに偏った感じは受けないので、どういう感想を持ってもすらすらと読み進めることができます。
「一人の人を殺す」ということに関してここまで掘り下げた作品は、創造世界でも現実世界でも人がバタバタ死ぬのが当たり前になってる感がある最近では珍しいんじゃないかと思います。サブストーリーも充実していて感情移入できる。
どういう思考回路で動いてるんだかわからん人物がところどころ混ざってるのが難点といえばそうかも。
登場人物がそう多くないので、展開はだいたい予想通りに進むんですが 作者のミスディレクションが巧みなためラストで加速度的に惹きつけられます。
2003年に同名で映画化されていますが「あとがき」でボロクソ言われてます。たしかにそこそこ豪華なキャストなのに大して話題にもならなかったので若干不安なんですが、ちょっと観てみたいかも。


おすすめゲージ:■■■■■■■■□□
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。