スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忘れちゃったのね 

一日で4㌔㌘ヤセました。ええ昨日からの腹下しで。
いま現在で40時間以上何も食べてません。飲み物はアクエリとアクティブダイエットのみ。
なんかねお腹が空かないんですよ。食べ物屋の前とか通っても美味しそうだと思わない。
ノドも別に渇かないんだけど脱水症とかになったらヤなので一応飲んでるって感じです。
・・・・・人はこうやって弱っていくんだね☆

でもまぁー大量の薬の投与で何とか症状は収まってるので、明日の夜くらいには何か食えるといいねおれ。
そんなおれに夕方来たメール。

To: おれ From: かーちゃん
>「アーユースティルピーピー?」

( ´-`) <ピーピーってあんた・・・



そんなわけでガッコ帰りに一人でフォーガットン観てきました。どうしても何か映画が観たくなっちゃって、久々に一人で観たわぁ。
愛する息子を事故で失い悲しみに暮れる母親、、しかしある日から息子の存在を認める者がいなくなる。「あなたに息子はいなかった。流産の後心を病んで、頭の中に息子を創りあげていただけ」・・・夫や隣人さえもそう言うが、母親だけは息子の「存在」を信じ続け、それを取り戻すために戦い始める・・・・・みたいなストーリー。
続きにネタバレ含む映画の感想置いときます。

▼キャストは誰も知らなかったけど、主人公ママの顔はかなり印象的に特徴的。ジュリアン・ムーアというそうなー。かなり有名だそうなー。覚えときます。
▼元ホッケーの人はとくにカッコイイとは思わないけど映画っぽい顔してますね。娘を思い出すときの演技とか最高でした
▼ママの思い出し方があまりにわざとらしいっていうかまぁ2時間って枠の中では仕方なかったりもするけど、せめて最初から画面の端に入れておくとかしてもよいと思いましー。
▼ズドーーンって飛んで行くシーン、来るってわかっててもまじびっくりするんですけど・・・ 一人でビクッとかなって恥ずかしかった。
▼「犯人」についてはさほど驚きは無いっていうか、、最初から上空からのアングルが相当多かったからだいたい読めちゃってたり。でも普通のサスペンス期待してたんだけどなぁ、、とは思いました。
▼もっと「犯人」の詳細について触れてほしかったです。もしくは謎ならもっと謎にしてほしかった。怖がりきれない感じだったモンでー
▼ラストシーン、もっと音楽なりアングルなり使って盛り上げてくれてもよかったと思うんだけど・・・泣ききれなかったよ!
▼ラストにもはやパパが出てこなかったのに笑った。
▼「子どもの存在が無くなる」っていうのはすごい斬新だし今っぽいしイイ発想だと思ったんだけど、どうにも拡げきれてないというか・・・もっと話を濃厚に練り上げてほしかった感じはありました。でも親子愛とかそういうのに弱い人は泣けます、多分。
▼「『シックス・センス』以来最も衝撃的なスリラー」とか言われてるようですが、本質的に違う気がしまうす。これ結局はSFだもの。
▼BGMが結構ステキでした。エンドロール見てたら英語じゃなくて読めなかったけどもー
スポンサーサイト

コメント

TBありがとうございました♪
私もズドーーンでかなりびっくりして、ビクッってなちゃいました(^_^;)
  • 2005/06/22 00:46
  • yooky
  • URL

やっぱり、きょさんのお母さん
私に下さい(笑

追記
勝手ながら Music Baton を回します(ぁ
詳しくは私のBLOGで。。。
  • 2005/06/22 23:23
  • イナズマ
  • URL

出) アホでビールと松本潤が大好きですぐ歌とか歌い始める母親
求) 聡明で美人で多才な母親

(´-`)
  • 2005/06/22 23:49
  • きょ
  • URL

コメントの投稿









管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://20years.blog7.fc2.com/tb.php/32-927522f0

フォーガットン

映画だからこのストーリーで出来るのだと思う「ありえない!」って声も沢山聞こえてくるけど、「ありえない!」って事やってみたいというのが映画ってもんだろうと、考える事にしました子供を飛行機事故で失ったジュリアン・ムーア演じる母親は、ある日写真やアルバムの中に
  • [2005/06/22 00:43]
  • URL |
  • angle cafe* |

フォーガットン

 forgetの反対語rememberは三つの意味がある。覚える、覚えている、思い出すの三つだ。と学校で習ったことを思い出した。 結末を人に言うと記憶を無くすらしいので、とても書けません。一つ言えるのは、記憶を失わせるというサスペンスの前半から大きくジャンルが急展開す
  • [2005/06/22 00:49]
  • URL |
  • ネタバレ映画館 |

フォーガットン

なんでもありっていうのは、この作品に相応しい言葉? 実は、当初余り見る予定もなかったし、観たとしてもレビューにする積りは全くなかったのだが、結構プロガーの皆々様がご覧になっているようだし、実際に筆者も観にいって、いやいやこの作品って何度観ても多分、絶対理解
  • [2005/07/04 21:12]
  • URL |
  • 利用価値のない日々の雑学 |

フォーガットン

ジュリアン・ムーアがリアリティーのある演技で物語りに引き込んでいく。3回以上はドキッとすること請け合い。{/face_ase2/}2005年 アメリカ 心理サスペンス サプライズ2005年6月8日 川崎チネチッタ監督 ジョゼフ・ルーベン出演 ジュリアン・ムーア、ドミニク・ウェスト
  • [2005/07/12 09:58]
  • URL |
  • ももママの心のblog |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。